キャリアパスと適正

コンピュータープログラマの仕事は将来的にシステムエンジニアとして活躍する方法や、個人で独立して仕事をするなど様々なキャリアパスがある。しかし、これらの職種には異なる職能や適正が要求されるので、計画的に将来のキャリアパスを構築する事が大切なのだ。システムエンジニアとしてのキャリアパスを希望する場合、プログラマーはクライアントとのヒアリングで必要となる対人スキルを在職中に磨く必要がある。この対人スキルはクライアントのニーズに適したシステムを提案する際に必要で、システム制作に携わるスタッフのまとめ役としてリーダーシップを発揮する為にも重要な能力だ。その為、幅広い職種の方と上手く対話が出来る事が必須の適正とされる。

また、システムエンジニアとして活躍する為にはコミュニケーション能力に加え、技術面の知識も必要だ。これはシステム設計には欠かせない能力で、周囲のスタッフの得意分野や技量を見極めて自社で対応可能なシステムを設計しなければならない。従って、スタッフの能力を見極める観察力が重要な適正とされる。また、プログラマーという仕事は様々なプロジェクトを経験し専門的な技術を高めておく事でフリーとして活躍する事もできるのだ。やはり、フリーとして活躍する為には在職中に幅広い人脈をつくり、独立後もコンスタントに仕事を請けられるようにしておく事が求められる。従って、フリーになる前に得意分野の技量を高め、且つ仕事のコネクションづくりに専念することも重要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です